食の重要性を伝えたい

栄養士の資格を取るために、短大に進学しようとする人がいる。手に職をつけた仕事に就きたいと思ったときに、真っ先に栄養士が思い浮かんだことだろう。今後の日本の食文化はますます発展していくことが予想されるため、その食文化を支える栄養士の存在意義は高いのだ。多くの人に健康的な食生活をしてもらうため、生命活動における「食」の大切さをわかってもらうために栄養士になりたいという方が少なくない。私達は食物を体内に取り入れることで生命維持が可能になるのだ。私達が皆健康に長生きをするためには、身体をつくる要素のバランスを唱える栄養士が不可欠なのだ。栄養士による徹底した食の指導が理想的な食生活を実現させていくのだ。
就職活動を乗り越えて栄養士として活躍することが叶った方は、その活動の苦難にめげない精神で求人応募をしていたことだろう。栄養士として働きたい強い想いが、希望する施設への入職を果たさせたと言える。たとえ就職氷河期であったとしても、栄養士の職を得ようとする気持ちを持ち続けているのが容易に想像できる。
短大で栄養士の資格を取った方は、栄養士として働くことに現実感が伴ったことだろう。自分は栄養士として働くべきだと自分に言い聞かせ、資格取得の勉強に励んでいたかもしれない。食を通して沢山の人に幸せになってもらいたいという強い思いが、結果的に食によって命がつながれていく感動を多くの人に伝えていくのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.